#13 森本真一

Tags
システム開発本部
SRE
SheepMedicalは、2021年に海外8カ国での子会社設立や国内外の企業3社との合併、それに伴う新規事業の始動など、まさに変革期を迎えました。
今回は、SheepMedical1人目のSREとして入社し、システム開発部から変革期を支えた森本真一にCTOの豊島同席のもとインタビューしました。
 
<目次>

既存の改善ではなくゼロから自分の理想を体現できる環境

――まずはこれまでの経歴を教えてください
森本:前々職はアドテクの会社のインフラエンジニアとして、主にAWSを扱っていました。前職は、QR決済事業を展開する企業で、バックエンドエンジニアとしてソフトウェア開発をメインに担当しつつ、チームメンバーのマネジメントなども担当していました。
 
――SheepMedicalへ転職されたご理由は何だったのでしょうか?
森本:これまで色々と経験してきたのですが、自分としてはシステム全体を俯瞰的に捉えて、DevOpsの領域を意識したよりよい開発体験を作り、支援していくことにチャレンジしたいという思いが強くなってきました。自分の理想とする姿についてCTOの豊島と話し、意気投合した後、SheepMedicalへジョインしました。入社を決めた理由は大きく2つあります。
1つ目は環境です。今述べたようなことが実現できると感じました。新規事業の立ち上げフェーズであることや、エンジニア組織がまだ小規模であることから、さまざまなことに初期段階から携われる環境だと考えています。ソフトウェア開発だけでなく、開発に必要なツールやサービスの選定・導入、エンジニア組織づくりなどに対して、単なる改善ではなく、より踏み込んで関わることができる環境に大きな魅力を感じました。
2つ目は事業内容です。コロナ禍を経験したことによって、ヘルスケア分野、中でも健康な状態の継続を目指す未病領域に力をいれていることに興味を持ちました。事業を通して世の中に貢献できる要素が大きいのではないかと考えています。
 

合併・海外子会社設立・新規事業。各プロダクトの統制に取り組んだSheepMedical1人目のSRE

――森本さんは、SheepMedical1人目のSREとなりますが、ご入社されてからどのような業務を担当されているのでしょうか?
森本:創業から6年目ということもあり、複数のプロダクトが存在していて、AWSアカウントも思っていたより数が多く管理体制の強化が必要でした。そこで、まずはAWS Well-Architectedを参考にアカウントやセキュリティ周りの整備から着手をはじめました。
導入したものとしては、AWS Control Tower, Security Hub, Guard DutyなどをはじめとしたAWSのサービス群、また外部のサービスとしてはnOpsも導入しました。今は、監視強化のためにDatadogを導入し、より運用体験の良い監視モニタリング環境整備を進めています。
 
豊島:CI/CD自動化などは既に実現できていたのですが、昨年の2021年は、国内外3社との合併や新規事業の立ち上げ、海外子会社の設立などがあり、統合していくことや新しくやらなければいけないことが山積みでした。
森本さんにはこの状態を、AWS Well-Architectedに則りながら統制をかけてほしいとオーダーしました。
 
――短期間で様々なサービスの導入や整備をされたようですが、過去にもご経験はあったんですか?
森本:いえ、導入したサービスの中には初めてのものも多くありました。
 
――そうなんですね!不安や難しさはありませんでしたか?
森本:いまは調べればいくらでもベストプラクティスと言われるものや参考情報が出てきますし、経験が無くても不安はなかったです。
ただ、それらベストプラクティスをSheepMedicalに合う形に変える作業はチャレンジではありました。やった方が良いことは無限にあるので、その中で優先順位をつけてマイルストーン設定やスケジューリングしていくことの重要さは感じました。
 
――森本さんが業務において大切にしていることはありますか?森本さんが業務において大切にしていることはありますか?
森本:これは個人的にではなくシステム開発部全体で大切にしている事だと思いますが、今は組織や新規事業の立ち上げ時期なので、ドキュメントを残すことはとても大切にしています。
具体的な設定はIaC化しているので見れば分かるようになっていますが、なぜこうしたのかという背景や理由はかならずドキュメントで残しています。今後入社する方含め、誰が見てもわかるように意識しています。
 
――今後はどのような業務がメインになるのでしょうか?
森本:取り組みたいことはまだまだたくさんあります。今は、新規事業で新しいシステムを立ち上げるための準備に取り組み中です。今後はSREチームとしてこれら事業を横断して支える仕組みをしっかり作っていくことが必要と考えています。また、SREだけで作り上げるのではなく、それぞれの開発チームと一緒に取り組み、SREのプラクティスを広げていくような活動にも取り組んでいきたいと思っています。
例えば、より運用を意識した開発ができるようになること、問題が起こったときに各種ツールを駆使して、より素早く問題を特定し、サービスへの影響を少なくするなど、そういったことを体現できるようにしていきたいです。
また、これから海外にもプロダクトが展開していくと、よりセキュリティ基準の高さが求められてきますが、セキュリティを高めつつも開発体験や運用体験を損なわないようにすることは難しさでもあり、SREとしてチャレンジのし甲斐があると思っています。
 
――SheepMedicalのシステム開発部にはどんなメンバーがいますか?
森本:様々なバックグラウンドを持っている人が集まっています。実際、いろんな刺激があります。みんな人柄も穏やかなので、コミュニケーションも気持ちよく取れて助かっています。
 
――他のメンバーと業務上関わりはあるのでしょうか?
森本:はい。SREという特性上、組織横断で業務を行っているので、複数の開発チームと話をして、課題に対し協調して取り組んでいます。
今はほとんど在宅で仕事をしているので、メンバーとのコミュニケーションは基本的にSlackやWeb会議システムを使ってオンラインで行っていますが、場合によってはFace to Faceで話した方がはやい時もあるので、メンバーと日程を合わせて出社したりもします。今の出社頻度は月1~2回くらいです。
 
――システム開発部はLT会も開催されていますよね
豊島:はい。メンバーとの1on1を通して、社内勉強会へのニーズがあることが分かりました。関心のあったメンバーで話し合ってもらい、LT会という形に落ち着き、運営も彼らに任せています。
 
森本:LT会は、自分の知らない技術を知れるのはもちろん、トピックも多種多様で面白いです。まだ始まったばかりですが、今後もあまり堅苦しい会ではなく各々が自由にいろんな技術の共有ができる場になると良いなと思っています。
 
――入社したからこそわかるSheepMedicalシステム開発部の魅力を教えてください
森本:会社が変革期である今だからこそ、システム開発部としても取り組むべきことが多く、会社の成長に携わっている実感ができます。
また、繰り返しになりますが、様々なバックグラウンドを持ったメンバーがいて、相談もしやすい環境なので、いろんな人と話して新しい情報を得ながら、自分の理想を体現するプロセスが組めるのもありがたい環境です。
 

ともに理想を実現しながらデベロッパーエクスペリエンスを高めるSREチームを作りたい

――さいごに今後SREチームにはどんな方に入社して欲しいですか?
森本:事業の変革に合わせて、SREとして取り組んでいきたいことは、まだまだたくさんあります。SRE経験のある方でも、自身の経験をもとに、初期フェーズから携われるからこその経験ができたり、成果を大きく出せる状況にもあったりするので、今はとても良いタイミングだと思います。
また、SRE経験がなくても、この分野にとても興味がありソフトウェアエンジニアの観点からSREにチャレンジしたいという方にとっても良い環境とタイミングであると思います。運用に必要なツールは内製化しているので、スキルも高められると思います。
これからシステム開発部も大きくなっていくと思うので、デベロッパーエクスペリエンスを高められるSREチームを一緒に作っていきたいです!
 
==============================================
SheepMedicalでは新しい仲間を募集しています。少しでも興味を持ってくださった方は、ぜひ下記よりエントリーください。
テックブログもぜひご覧ください!